スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はコロラータなどです☆彡

今日はびっくりするくらいこの京都南部は暖かかった
です(*^^)v
車に乗ってると暑いくらいでした@@
多肉たちも喜んでいたでしょうw
でもまた寒波とか来るんでしょうね~
嫌ですね。

一つ冬のプチ対策ご紹介しますww






風よけカバー①
風よけカバー②
風よけカバー③
↑100均のプラ板を2枚円筒状(それぞれを
半円に曲げて、両端を透明のビニールテープで
留める)にして、それを鉢の上から被せてます。
所要時間は1分くらいですww
こうすることによって横からの冷たい風を防ぎます。
上は空いてるので、同じくプラ板を天井の大きさの
円状にハサミでカットして上から被せてもOKです。
プラ板は透明なので日照を遮らないので使いやすい
です(*^^)v
簡単な対策ですがなかなかいいです。






さて今日はコロラータ、チワワリンゼ、アメトルム、
コロラータ×エボニー、グローリーのご紹介です。









コロラータ
コロラータ4-①
コロラータ4-②
コロラータ4-③
コロラータ4-④
↑コロラータです。
成長してくるにつれ、爪がストロングになって
きました@@
フォルムがいいので気に入ってます(*^_^*)
葉が薄くならないように作り込みたかったので
鉢は一工夫したテラコッタを使ってます。
テラコッタや素焼き鉢はそのままであれば通気性は
ばっちりですが、もう少し保水性がほしいので鉢の
表面をペンキで塗ってます。鉢の中は塗ってません。
私の経験ではエケベリア自体健康であれば、よく水を
吸って葉がぷっくりします。
更に保水性を上げるために陶器鉢を使うこともあり
ます。通気性もダウンし、根腐れの危険度は更に
アップしますが@@
私は抜けが良すぎるスリット鉢はあまり好きではない
のですが重量が軽くなるので多用してます。
スリット鉢で多肉自身に問題ないのに葉が痩せるので
あれば、鉢を替えてみるのも一案です。
もちろん給水の回数や用土を変更してみるのも良い
ですね(*^_^*)









チワワリンゼ
桃太郎 ①
桃太郎 ②
桃太郎 ③
桃太郎 ④
↑桃太郎ことチワワリンゼです。
本名はベアトリーチェ。
まだお子ちゃまって感じですw
秋の成長期にも大きくなってないです。
根には問題ないのですが、成長スパートの
スイッチが入らないですね~
春にスイッチ入れば一気に成長すると
思います。それまでは給水少な目で管理です。









アメトルム
アメトルム①
アメトルム②
アメトルム③
アメトルム④
↑アメトルムです。
エケとグラプトの属間交配種でグラプトベリア
ですね。交配は大和錦×アメジスチヌム。
可愛いタイプの多肉ですね。
紅葉時は更に可愛くなりますが、我が家のアメちゃん
は紅葉まだですね~
夏の管理にやや注意が必要です。
夏は涼しく。
時に給水は頭からシャワーも虫除けになり良いです。






アメトルム⑤
↑昨年の紅葉の頃の姿です。
可愛いですね~(#^.^#)









コロラータ×エボニー
コロラータ×エボニー①
コロラータ×エボニー②
コロラータ×エボニー③
コロラータ×エボニー④
↑コロラータ×エボニーです。
両親の特徴を引き継げばこんな感じでOKなのかな。
小さいうちはコロラータ色が強かったのですが
徐々にエボニーの顔が出てきたって感じです。
紅葉もしてきてなかなか良いできです(*^_^*)
5号鉢ぐらいの大きさになってくればもっと見ごたえが
出てきそうですね(*^^)v









グローリー
グローリー①
グローリー②
グローリー③
グローリー④
↑ツルギダことグローリーです。
ツルギダで流通していることがほとんどですね。
エケベリアには原種でツルギダが存在するので
グローリーに統一していただいた方が私たち
趣味家にとってはありがたいですね(^_^;)
このグローリーの交配は大和錦×SPとなっており
片親が不明ですね。
私の中ではデレンベルギーーかティッピーあたり
かな~と。
デレンベルギーだとベンバディスと同じ交配式
ですね。









エボニー×コロラータ実生
エボニー×コロラータ実生①
エボニー×コロラータ実生②
↑エボニー×コロラータ実生です。
今日アップしたコロラータ×エボニーの逆交配に
なります。
まだまだどんな風になるかわかりませんが好きな
交配なので楽しみです。
保険として他にもう一房別に種をまいたのですが
そちらもいっぱい発芽して現在成長中です(=^・^=)
ちょっと多すぎたかも(・。・;
やはり原種同士の交配はよく種もでき、発芽率も
良いですね。







お母さん
エボニー1-①
↑上の子のお母さんですw








お父さん
コロラータ 1
↑お父さんですw





では今日はこの辺で~
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
またです~(^^♪




にほんブログ村


スポンサーサイト

今日はチワワリンゼなどです☆彡

今日は一日中曇りでした
明日は回復するみたいで良かったです。
今日はお休みだったので朝から多肉をチェック
していたのですが、先日の寒波の影響でアガボ系
2鉢が少し凍ってました@@
アガボ系でも個体によって低温に弱いのもあるん
ですね~
そこを見分けるのは難しいです( ;∀;)
というかさすがに、-5℃野外放置は危ないですねw






さて今日はチワワリンゼ、ホワイトゴースト、イートンスノー、
アモエナ、アガボイデスリンゴスターのご紹介です。









チワワリンゼ
桃太郎5-①
桃太郎5-②
桃太郎5-③
桃太郎5-④
↑チワワリンゼこと桃太郎です。
正名はベアトリーチェ。
交配はチワワエンシス×コロラータ‘リンゼアナ’。
大株に成長して、やることがなくなったのか
子吹いてはりますww
まだ紅葉してませんね~@@
昨年と違い西側に置いてるので紅葉は進みにくい
のかな。
桃太郎は小さいうちは可愛くて、大きくなると
カッコいいエケになりますね!(^^)!
桃太郎は小さくても、大きくても見ごたえのある
優秀な普及種ですね(*^^)v
入手も容易で大変丈夫。
葉差しも成績優秀みたいですね。









ホワイトゴースト
ホワイトゴースト①
ホワイトゴースト②
ホワイトゴースト③
ホワイトゴースト④
↑ホワイトゴーストです。
大きくなればなるほど見ごたえも出てくるエケ
ですね。
この子はまだまだお子ちゃまですが成長スイッチは
入ってる様子。
この春は大きく成長してくれそうです(*^_^*)









イートンスノー
イートンスノー①
イートンスノー②
イートンスノー③
イートンスノー④
↑イートンスノーです。
イードン?
名前の由来は知りませんがお隣の国の
地方名とかですかねー
とにかく寒い感じをイメージしてしまいますw
どういう交配でしょうね~
ローラっぽい葉をしてますけどね。
色はピーコッキーなんかのブルーホワイトとは違い
少しグリーンっぽい、グリーンホワイトっていった
感じ。
大きくなるにつれ、お山というかピラミッド
みたいになってきました。成株の写真を見たことが
ありますがだいたいこんな感じになるみたいですね。
このくらいの大きさになってくると子吹き出すので
繁殖は容易です。









アモエナ
アモエナ①
アモエナ②
アモエナ③
アモエナ④
↑アモエナです。
アモエナにはいくつかタイプはありますが
どれも群生しやすいですね。
モコモコと殖えて可愛いです(*^_^*)
紅葉して赤くなると更に可愛くなるんですけどね~







アモエナ⑤
↑一昨年の紅葉の頃。









アガボイデスリンゴスター
リンゴスター①
リンゴスター②
リンゴスター③
リンゴスター④
↑アガボイデスリンゴスターです。
まだ小さいのでその魅力は出てませんが
大きくなると幅広の葉で見ごたえが出てきます。
大きくなるまではまだまだかかりそうですね。









ホームセンターでゲット☆
プロリfika①
プロリフィカ②
↑今日、近所のホームセンターで入手しました。
100円でした(;^ω^)
名前はプロリフェラと。
おそらくエケベリア プロリフィカですね。
たいていセダム プロリフェラの名で
販売されている感じですね。
もともと日本に入ってきたときにセダム プロリフェラ
として流通したみたいで今更変えれないのかも@@
にしても100円だったら狩っちゃいますww




では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします<(_ _)>
またです~(^^♪




にほんブログ村



今日はブラックチップなど☆彡

今日のここ京都南部はず~と雨でしたー
気温は高めで過ごしやすかったですけどね(*^_^*)
さっきこのブログを書く前に、たまにはエケベリアの
お勉強をしよう!と思い、ヤフオクを覗いてましたw
すごいですね~
知らない名前の可愛いエケさんがいっぱいでした=^_^=
でも中には変なお名前も多数・・・(・。・;
そのことをすべてブログに書くと夜が明けてしまうので
一つだけww
以下は推測ですのでご興味のない方はスルーくださいね!(^^)!
Chris&Ryanというのがありました。
すぐにピンときましたが、日本語表記を見て吹き出しましたw
クライスアンライオンとあります。
ライオンさんですww
メグ ライアンさんに、メグ ライオンさんと
言ったら、私は猛獣じゃありません!と怒られますw
Ryanは日本人の発音ではライアンですよね~
Chris&Ryanは日本のカタカナ表記にするとクリスアンド
ライアンです。
また、そもそもChris&Ryanというエケはありません。
おそらく、推測ですが正解はChrissy n Ryanです。
これは承認された交配種です。
日本語に直すなら、クリッシーエヌライアンです。
ここまでくるとおわかりですね?w
そう、よく流通している名前は
クリシエンライオンです!
要するにクリシエンライオンもカタカナの変換が
おかしいわけですよ。
Chrissy n Ryanは確かヨーロッパで作出された
交配種だったと思います。おそらくそこからお隣の
国を経て日本に来たのかも?と思いますが、その過程において
英語のスペル、そしてカタカナの変換間違いが起こった
と推測します。
さて、このChrissy n Ryanですが、交配式は
プロリフィカ×セトーサ(デミヌタ)です。
クリシエンライオンというへんてこりんな名前で
販売されることが多いですが、さらに説明で交配式を
プロリフェラ×セトーサとしてることがよく見受けられます。
でも日本ではプロリフィカ=プロリフェラという感じ
なのでこれでいいのかな。
Chrissy n Ryanはその交配通りの姿をしていて可愛い
エケさんです。ライオンさんの面影はありませんww
小さいロゼットでよく群生し、よく見ると微毛が生えて
ます(*^_^*)
以上です・・・<(_ _)>







さて今日はブラックチップ、プリドニス×コロラータ、
スカーレット、サブアルピナピロテ、エボニーのご紹介
です。









ブラックチップ
ブラックチップ①
ブラックチップ②
ブラックチップ③
ブラックチップ④
↑かつてブラックチップの名で入手しました。
最近あんまり見かけないですかね~?
どこからの、またどなたの交配かも不明ですが
かなり良い出来栄えのエケですね~
何度か写真アップしてますが、見ごたえが
あります。
ザラゴーサあたりが入ってるとは思いますが
交配は不明です@@
冬は確実に紅葉してくれます。チョコレート色って
感じでしょうか。
何とか殖やしたいと思って昨年、自家受粉させ
ましたが確か種ができなかったような@@
今年もチャレンジしてみようと思います(*^_^*)









プリドニス×コロラータ
プリドニス×コロラータ①
プリドニス×コロラータ②
プリドニス×コロラータ③
プリドニス×コロラータ④
↑プリドニス(花うらら)×コロラータです。
コロラータの特徴が出てるのかわかりませんが
単なる花うららとも違う感じですね~
プリドニス×リンゼアナがプレリンゼですが
それと同じような感じでしょうか。
少し柔らかい感じの印象です。









スカーレット
スカーレット①
スカーレット②
スカーレット③
スカーレット④
↑スカーレットです。
好きな人は好き!的なエケでしょうか?
赤い爪ポッチがチャームポイントです。
私はうっすら白粉なところも好きですけどね(*^^)v









サブアルピナペロテ
サブアルピナペロテ①
サブアルピナペロテ②
サブアルピナペロテ③
サブアルピナペロテ④
↑サブアルピナピロテです。
原種です。
いくつか地方種、タイプ違いがありますがこれが
基本形かな。
比較的小型の可愛いエケです。
ちょっと寒がりなような気がします@@









エボニー
エボニー ①
エボニー ②
エボニー ③
エボニー④
↑エボニーです。
頂き物で、やってきた時は小指の先ほどの
大きさでしたがだいぶ大きくなりました!(^^)!
エボニーの選抜落ちって感じだな~と思ってましたが
微妙にエッジが出てきました。
まだエボニーには程遠いですが、これからどこまで
の株になるのか楽しみでもあります(=^・^=)









メキシカンジャイアント実生
メキシカンジャイアント実生
↑メキシカンジャイアントの赤ちゃんですw
自家受粉の実生です。
小さすぎてまだ何ともですが@@
メキシカンの実生は綺麗だと聞いたことがあって
実生しましたが、よく考えるとメキシカンはすでに
うちにいっぱいあって困ることになりそうww






では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます<(_ _)>
皆さま良いご週末を~
またです~(^^♪




にほんブログ村



今日はメキシカンジャイアント×エボニーなど☆彡

今日の日中は暖かくいいお天気でしたが
お仕事終わりの帰宅途中に雨が降り出しました
京都南部の明日は一日雨のようです@@
毎週そうですが木曜日が一番きついですね~
明日もう一日お仕事がんばりま~す(;^ω^)





さて今日はメキシカンジャイアント×エボニー、エメラルドシャンペーン、
ローラ、ピーコッキーサブセシリス、ストリクティフローラブスマンテの
ご紹介です。









メキシカンジャイアント×エボニー
メキシカン×エボニー ①
メキシカン×エボニー ②
メキシカン×エボニー ③
メキシカン×エボニー ④
↑メキシカンジャイアント×エボニーです。
エボニー色は無くほぼメキシカンな感じですが
薄紫に紅葉して綺麗です(*^_^*)
ややリラシナ×メキシカンにフォルムは似て
ますかね~
我が家のノーマルのメキシカンジャイアントはここまで
紅葉しないので別の血が入ってるのがわかります。
メキシカンほどは大きくはならないんじゃないかな~
って思ってます。
成長はメキシカンより更に遅め。








エメラルドシャンペーン
エメラルドシャンペーン①
エメラルドシャンペーン②
エメラルドシャンペーン③
エメラルドシャンペーン④
↑エメラルドシャンペーンです。
あまり紅葉しないタイプだと思いますが
それでも少し赤味が出てます。
シャンペーンはホワイトやピンクのバリエーション
がありますが、このエメラルドはそれらと比べると
見ごたえはやや落ちますね@@
でも元気そうで花芽はいっぱい出てきそうです!(^^)!








ローラ
ローラ①
ローラ②
ローラ③
ローラ④
↑ローラの群生株です。
交配はティッピー×リラシナ。
以前、片親はデレンベルギーだと言われてて、「やっぱり
デレンベルギーが入ると可愛い子になるよね~っ」て
思ってましたが@@
洋書の"Echeveria Cultivars"の情報は間違いです。
ティッピーの特徴を受け継いでローラも子吹き
旺盛ですね!(^^)!
群生株にしたくてこうなったわけじゃなく、カット
しては群生し・・・の繰り返しでこっちが根負けした
感じですw
おかげでローラちゃんはいっぱいいますww








ピーコッキーサブセシリス
ピーコッキーサブセシリス①
ピーコッキーサブセシリス②
ピーコッキーサブセシリス③
ピーコッキーサブセシリス④
↑ピーコッキーサブセシリスです。
原種です。
ピーコッキーにはいろんなタイプがありますね。
ほとんど紅葉しませんが、どのピーコッキーも
ブルーホワイトの葉が美しいです。
この子は実生苗ですが、なんか気品を感じます(*^^)v








ストリクティフローラブスマンテ
ストリクティフローラブスマンテ①
ストリクティフローラブスマンテ②
ストリクティフローラブスマンテ③
ストリクティフローラブスマンテ④
↑ストリクティフローラブスマンテです。
原種です。
ストリクティフローラはいくつかタイプがありますね。
このブスマンテは白肌の葉が特徴的で、美しいエケです。
早く大きくしたいのですが、外葉が枯れやすくなかなか
大きくならないですねー
栽培難易度はやや高いかもです。
暑いのはイヤ!でも寒いのもイヤ!って感じですw
私といっしょww








ザラゴーサ発根待ち
ザラゴーサ発根待ち①
ザラゴーサ発根待ち②
↑大株のザラゴーサのカットして3週間後の
様子です。
ビニールを被せてハンギングしてるのは当然、
発根促進狙いなのですが・・・
上から花芽を伸ばし始めました・・・
ちが~~~う!
そっちじゃない~~!ww




では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます!
これからもよろしくお願いいたし<(_ _)>
またです~(^^♪
お休みなさ~い💤



にほんブログ村



今日はコロラータブランディティなどです~

予報通り今朝は暖かかったですね~
ほぼ快晴の良いお天気でした)^o^(
明日まではお天気良さそうです。
早朝、外に出てみると温かかったので、これなら
がまんできる!wwと思って、家の西側の多肉を
チェックしてみましたが昨日までの寒波による
凍結など見受けられなかったです。
心配してましたが、やはり野外でも家の壁際に
置いてあればかなり違いますね。
ただ、多肉ハーブのアロマティカスの株の2割程度の
部分が凍ってましたw
私の中ではアロマティカスはキングオブ雑草!って
イメージですが、さすがに最低気温‐4℃や-5℃は
難しそうw
インド原産で、半耐寒性植物ですしね。
でも基本これからも野外で頑張ってもらいます@@
群生していて株幅が60cmほどあってスペースの
問題で家に取り込めないのです。
でも次回の寒波の時はちょっと考えたいと思います。
毎年そうですが、この後5月頃には元気に成長して
ると思います(*^_^*)







さて今日はコロラータブレンディティ、織姫、
モラニー、ザラゴーサレッドチップ、モンローの
ご紹介です。









コロラータブランディティ
コロラータブランディティ①
コロラータブランディティ②
コロラータブランディティ③
コロラータブランディティ④
↑コロラータブレンディティです。
コロラータの変種。原種です。
紅葉時のブレンディティは綺麗に色が出て
見ごたえがありますね。
コロラータの中でも特に優形種ですね。
よく見ると花芽が出てきてます。
交配で使えるかな(*^_^*)








織姫
織姫①
織姫②
織姫③
織姫④
↑織姫です。
交配はプリドニスとデレンベルギーだったかな。
小型でややミューテーションっぽいですが
子吹き旺盛でかわいらしいエケです。
人気もありそう。








モラニー
モラニー①
モラニー②
モラニー③
モラニー④
↑モラニーです。
原種です。
可愛いというよりどちらかというと渋いエケ
ですね。そのタイプや環境、育て方によって
色合いは違いますね。
夏にやや弱い印象があります。
このモラニーの地方種を持ってますが見た目も
だいぶ違います。
モラニーは交配親に使うとその本領を発揮
します。相手にもよりますが高確率でその赤い
エッジを子供に引き継ぎます。








原種モラニー
↑原種モラニーです。
どこだったか忘れましたが、地方種で
実生苗です。
基本形とだいぶ見た目も違いますよね。
こちらは渋いというより可愛いエケです(*^_^*)








ザラゴーサレッドチップ
ザラゴーサレッドチップ①
ザラゴーサレッドチップ②
ザラゴーサレッドチップ③
ザラゴーサレッドチップ④
ザラゴーサレッドチップ⑤
↑昔ザラゴーサレッドチップの名で入手
しました。
もう少し赤く紅葉するはずですが、そんなに
真っ赤にはならないですねー
かなりの大株になってきました。
その葉先の爪からザラゴーサかわからないですが
クスピダータ系が入ってるのは間違いなさそう。
また、この大きさ、葉肌の感じから相手は
アガボイデスの何かだと思います。
太くて丈夫そうな花茎を伸ばしてます。
お花の準備は万全みたい!(^^)!








モンロー
モンロー①
モンロー②
モンロー③
モンロー④
↑モンローです。
私的にはモンローもラウリンゼも同じもの。
モンローは矮化剤を施されたものと認識してますが
その効果は数年で結果的にはラウリンゼと区別
つかなくと思います。
我が家のモンローはすでにロゼット径17cmほどで
見た目もラウリンゼと変わらないですね~
ラウリンゼ同様、非常に強健で美しいエケです。
またモンローもラウリンゼもその環境や育て方で
ピンクやオレンジに色づいたりします。
ピンクに色づいてるものを別物のように販売
していることがありますので注意は必要ですね。
以前、生産農家さんに、ピンクラウリンゼや
オレンジモンローって巷で見かけるけどどうなの?
って聞いたら、「単に水切ってるだけです」と即答ww
その生産者さんはもちろんそんな売り方はされて
ませんが、何れにせよ購入する際はよくリサーチ
することが大事ですね~








ラウィ実生?
ラウィHB①
ラウィHB②
↑ラウィ実生です・・・いえ、そのつもりでしたが@@
爪が生えてきましたww
ラウィは爪ないですよね(・。・;
自家受粉させたつもりでしたが交雑した模様。
こういうことはたまにあります。
こうして○○ハイブリッドができあがります。
これはラウィHBですねw
でもこういう子に限って魅力的な株に育ったり
するんですよね~
えぇ~、とにかく~
この子のお父さんは早く名乗り出るように!w




では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます<(_ _)>
励みになっております。
またです~(^^♪
お休みなさ~い💤




にほんブログ村



続きを読む»

今日はリラシナなどです~

寒い日が続きますね@@
明日からは気温が上がり週末は4月上旬並みに
暖かいとか。
身体がついていかないですね~
今回の寒波によって、いろんなところで多肉にも
被害があったんでしょうね@@
我が家の多肉はまだチェックしてないですが
いくつかは凍ってるかも。
特に家の西側は霜よけカバーしか対策してないので
どうなってるかな。風がビュンビュン通るので
凍ってない方が不思議かも。
週末にでもチェックします!(←週末かい!ww









リラシナ
リラシナ①
リラシナ②
リラシナ③
リラシナ④
↑リラシナです。
ロゼット径11cm~17cmの原種のエケですね。
交配親として優秀で多くの交配種を生み出してますね。
ローラの花粉親でもあります。
お花はまだかな~









ハッピー
ハッピー①
ハッピー②
ハッピー③
ハッピー④
↑ハッピーです。
え~こんなエケは知りませんw
出回りだしたのはまだ最近なのかな@@
実は昨年、久しぶりにネットでポチッた時に
送料は同じだからと、この子もポチリましたw
もちろん交配不明です。
原種ではないでしょうね~
名前ももう少し何とかならなかったのかなw
ひねりが無いですねww
実物を見ると分かるのですが、ちょいときちゃない
葉肌です。成長してもこんな感じなのかな?
もしそうならミニマ系に、きちゃない系が交配
されてるのかも。
モラニーをかけたらもっと綺麗になりそうだし
ロンギシマあたりかな。
ある意味、これからの成長が楽しみです。









ザラゴーサ
ザラゴーサ①
ザラゴーサ②
ザラゴーサ③
ザラゴーサ④
↑ザラゴーサです。
だるまタイプ。
赤い爪先が可愛いエケです(*^_^*)
丸いフォルムもいいですね。
昨年は交配で活躍してくれましたが弱ることなく
いたって元気。
今年も花を咲かせてくれそうです!(^^)!
ザラゴーサはいくもタイプがありますがどれも
基本的に丈夫で育てやすい品種です。









リンゼアナ タパルパ
リンゼアナタパルパ①
リンゼアナタパルパ②
リンゼアナタパルパ③
リンゼアナタパルパ④
↑リンゼアナ タパルパです。
昨年秋にこの名で入手しました。
コロラータ タパルパとは別物で
まぁ普通のリンゼアナです。
紅葉で赤くなってきて見ごたえが出てきました。
おそらく大きく成長してくれると思いますが
かなり良い株になるんじゃないかと思います。









ジャガーローズ
ジャガーローズ①
ジャガーローズ②
ジャガーローズ③
ジャガーローズ④
↑ジャガーローズです。
以前はこの名前ネットでよく見かけましたが
最近は見ないですかね~
ご覧の通りティッピーと見た目同じです。
私の中では、ジャガーローズ、ディリー、
カバルディはティッピーと同じものと思って
ます。
ティッピーは昔から不稔が多い、交配失敗が
多いと聞いてましたが、実際我が家のティッピーは
交配に使えませんでした。
何とか交配に使いたいな~と思ってディリーなど
集めましたが、こういう理由じゃなく名前が違う
からと、コレクションするのはあまり意味がないかと
思います。ティッピーは何個あってもええねん!と
お思いならいいのですが。
私はティッピー何個あってもいい派でもありますがww









ザラゴーサ×ラウレンシス①
ザラゴーサ×ラウレンシス②
↑おまけ写真ですw。
ザラゴーサ×ラウレンシスです。
ザラゴーサは、先のだるまタイプを使ってます。
小型の可愛いエケを作りたいな~って
思って交配しました。
きっと可愛いエケになると思う!ww
ってか今すでに可愛いやん!と思うのは
私だけかなw




では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます!
これからもお付き合いのほどよろしくお願いします<(_ _)>
またです~(^^♪
お休みなさ~い💤



にほんブログ村


我が家のベランダ多肉の冬越し☆彡

今日のここ京都南部はこの冬一番の寒さということで
覚悟してましたが、朝外に出てみると、あれ?みたいなw
朝は‐4℃の予想でしたが風が無かったためそれほど寒く
感じなかったです。
明日から週末にかけては徐々に気温が上がりそうで何より
です!(^^)!









ベランダ多肉の冬越し風景
ベランダ多肉冬越し①
ベランダ多肉冬越し②
断熱シート
↑昨年からミニハウス(フラワーーキャップ)を使用して
ます。この場所は軒下ではなく空の下なので対策をしない
と凍ります。
やることは蓋を開け閉めすることくらいですけどねw
写真は朝の状況ですがご覧の通り、外気と中の温度差で
結露してます。この寒暖差は悪くない状況だとは思ってます。
雨や雪の日、気温の低い日は蓋は閉めっぱなしですが、
基本的に晴れの日の日中は蓋は開けてます。
そして夜帰宅後に蓋を閉めてます。
翌朝、凍りそうなときは100均で販売されてる断熱シート?
(一番下の写真)を上から掛けてあげてます。このシートは
少し厚みがあり空気が溜まる層があるので効果は高い
かもです。
写真のようにびちゃびちゃに結露して初めは大丈夫
かいな?と思ってましたが、問題ないというか
エケベリアたちのご機嫌は良さそうですw
なんとなく多肉に加湿は厳禁のような感じはしますが
中の加湿状態で葉の薄いエケもそれほど葉が傷んでない
ような気がします。他のエケもぷっくりしてるような。
ただ、日照がある暖かい日に蓋を閉めっぱなしだと
中は予想外に高温になり蒸れる可能性がるので注意は
必要です。
ちなみに真ん中の写真の下部2つは蓋付きの種まきトレイに
実生鉢を入れてます。ここの場所は建物の陰になり易く
日照時間は更に少ないこともあり、蓋は閉めっぱなしです。
そのおかげで、日中は容器の中はぽかぽかでこの1月中旬
まで成長が続いてました。実生鉢は腰水管理すること
が多く、加湿状態になっても平気ですね(*^_^*)
昨年から行っているこの対策ですが、現在まで実害無く
順調です。
我が家と同じような環境は少ないかもですが一例として
ご参考まで。
ちなみに、このベランダは東向きで日照が得られるのは
朝からお昼までの約4時間~5時間程度です。








さて今日はニバリス、黒爪ザラゴーサ、リンゼアナ×
クリスマス、シリウス×リンゼアナ、ピンウィール
レボリューションのご紹介です。









ニバリス
ニバリス①
ニバリス②
ニバリス③
ニバリス④
ニバリス⑤
↑ニバリスです。
好きなエケの一つです。
サン美人と同じものでしょうか?
交配は不明です。
もともとE. agavoides x E. Acutifoliaにニバリスと
名づけられてるので、ニバリスは2つあるのかな@@
とにかくこのニバリスちゃんは小型で美しいエケ
です(*^_^*)
どうにかして殖やしたいな~って思ってましたが
その思いが伝わったのか、子株ちゃんがww
ちなみに、たにっくん工房さんより入手株です。









黒爪ザラゴーサ
黒爪ザラゴーサ①
黒爪ザラゴーサ②
黒爪ザラゴーサ③
黒爪ザラゴーサ④
↑黒爪ザラゴーサです。
クスピダータの中でも小型のエケですね。
黒い爪、白い葉肌が魅力的で、小型ですが
存在感のあるいエケです。
また冬場は少し紅葉して綺麗です。
基本的に丈夫ですが花を咲かせると弱るので
交配しないのであればカットした方が無難です。









リンゼアナ×クリスマス
リンゼアナ×クリスマス①
リンゼアナ×クリスマス②
リンゼアナ×クリスマス③
リンゼアナ×クリスマス④
↑リンゼアナ×クリスマスです。
だいぶ紅葉してきましたがこの子の紅葉Max時は
真っ赤になります。
クリスマスの交配はクリスマスが強く出ますね。
相手がリンゼアナなので赤色+って感じ。








シリウス×リンゼアナ
シリウス×リンゼアナ①
シリウス×リンゼアナ②
シリウス×リンゼアナ③
シリウス×リンゼアナ④
↑シリウス×リンゼアナです。
残念ながら私が交配した実生ではございませんw
以前、機会があってBee Houseさんのエケを一つ
入手した時におまけでいただいたものです。
一円玉くらいの大きさでしたが順調に成長して
くれました!(^^)!
リンゼアナが入ってる割に赤くはならないですが
ぷっくり達磨な感じで可愛いですw
これからの成長が楽しみな株の一つです(*^_^*)








ピンウィールレボルーション
ピンウィールレボルーション①
ピンウィールレボルーション②
ピンウィールレボルーション③
ピンウィールレボルーション④
↑ピンウィールレボリューションです。
ピンウィールの変種ですね。
ルンヨニーとトップシータービーと同じ関係。
葉が開いてたのですが、寒さで蕾んできました。
そろそろ子吹いてくるのかな。








昨日のクイズの答えですが、正解はエケベリア プロリフィカ
(Prolifica)です。
見えにくくずるいクイズだったかも( ;∀;)
植えたときはちゃんと親株が見えていたのですが埋まっちゃって
現在見えないですが子株だけ見えてます。








プロリフィカ
プロリフィカ①
↑いい単品写真が無かったです@@
この寄せ植えの中央やや右下の群生株が
プロリフィカです。
原種エケです。
特徴的なのはランナーで子株が付くことです。
センペルみたいな感じです。
花は小さめの黄色の可愛い花です。
問題なのはこのエケがセダムのプロリフェラと
取り違えられることです。
実はこの株もセダム プロリフェラで販売されてました。
破格の安さでww
見た瞬間、違うのはわかりましたがお店の人に
言ってもしょうがないし、黙って2ポットゲットww








セダム プロリフェラ
プロリフェラ①
↑入手して植え替え直後かな。
じゅうぶん可愛いですが、その配置でいいの?って
自分に突っ込みたくなりますww
適当に植えた感じ@@
でも鉢は自分で言うのもなんですが正解ですw
厚めの鉢で、ある程度保水性があり通気性も良いです。
放置管理にぴったりの鉢かなw
プロリフェラはセダムの中でもかなりの強健種の一つです。
夏も冬もへっちゃらです。冬はおそらく-3℃くらいなら
全然平気だと思います。霜にあてても大丈夫です。
根がやや神経なので根腐れだけは注意ですね。
スリット鉢だと抜けが良すぎるかも。
ちなみにこの株は2年近く前に京都手作り市の
ひなこたさんのお店で入手しました。
ラベルを見ればわかる人にはわかりますw








プロリフェラ②
プロリフェラ③
↑最近の姿です。
増殖しましたw
こういう機会じゃないと写真アップしないので
良かったかも!(^^)!
プロリフェラの流通名はリトルビューティーです。
この名の方が知られてるのかな。
ナイスなネーミングですね。
こちらは茎立ちし枝分かれして子株が付く感じです。
冬は紅葉して更に可愛くなりますね(#^.^#)
花はセダムの花です。
取り違えて売られることがあると言いましたが
こうして見るとどちらも可愛いので間違えても
いいかなww




では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます!
励みになっております<(_ _)>
またです~(^^♪
お休みなさ~い💤



にほんブログ村


今日はリラシナ×メキシカンジャイアントなどです~

寒いです~@@
気温は朝からず~と2℃くらいでした。
ここ京都南部の明日は最低気温‐3℃みたいです。
風が強くなければ多肉的には問題ないと思いますが、
葉は痛みそう( ;∀;)
やっと真冬になったな~って感じですが、屋内の
インド菩提樹の枝から新葉が芽生えてきました(#^.^#)
例年よりかなり早いです。
春は着実に近づいてますね!(^^)!









リラシナ×メキシカンジャイアント
シャングリラ①
シャングリラ②
シャングリラ③
シャングリラ④
↑リラシナ×メキシカンジャイアントです。
サボテン相談室さんの苗でシャングリラと
名づけられてます。
この交配は海外も含めたくさんの方がやられて
ると思います。
私もやりたかったのですが、残念ながらリラシナ
の花が無かったので実行できず(-“-)
このシャングリラですが写真でお伝えできるか
わかりませんが、色もフォルムも良いし非常に
美しいエケです。
大きくなりすぎないかちょっと心配だったり
します。リラシナの大きさぐらいだったら
いいんですけどねw









クスピダータパラサナ×シャングリラ①
クスピダータパラサナ×シャングリラ②
↑クスピダータ(パラサナ)×シャングリラです。
シャングリラにもう少し爪が欲しいと思って交配
しましたがどうでしょ。
一応期待通り、爪は出そうな感じです(*^_^*)
顔はややバラつきがありそうかな。









ラウィ
ラウィ①
ラウィ②
ラウィ③
ラウィ④
↑ラウィです。
実生苗だからかラウィにしてはやや成長が早い
ように思います。
まだ3.5号鉢のお子ちゃまなのでほんのり
ピンクに染まってます(*^_^*)
自家受粉の実生以外にラウィを殖やすおすすめの
方法は手っ取り早く花茎についた葉で葉差しする
ことかな。大きめのラウィの方がいいかもですが。









クリスマス×ザラゴーサ
クリスマス×ザラゴーサ①
クリスマス×ザラゴーサ②
クリスマス×ザラゴーサ③
クリスマス×ザラゴーサ④
↑クリスマス×ザラゴーサです。
普通のクリスマスと変わらないでしょうかww
よ~~く見たらザラゴーサの爪になってます?w
もう少ししっかりした爪を期待してましたが(-“-)








チワワエンシス
チワワ①
チワワエンシス②
チワワエンシス③
チワワエンシス④
↑チワワエンシスです。
成長遅いです(・。・;
色は出てますが、形はイマイチだし@@
でも調子悪そうにも見えないし・・・
今気づいたのですが真上からの写真を見ると
ひょっとして生長点無くなってるような・・・
中が見えないだけかな!w
んと・・・見なかったことにします!w








大和錦×紅司
大和錦×紅司①
大和錦×紅司②
大和錦×紅司③
大和錦×紅司④
↑大和錦×紅司です。
なんか葉の緑色も赤いラインも薄くなったような
気がします。
株が大きくなったからかな~
紅葉が深まってもう少し色は戻ってくれたら
もっと見ごたえが出てきそうです。
ちなみに、たにっくん工房さんで入手。








寄せ植え風①
寄せ植え風②
↑寄せ植えというか行き場所の無い子たちの
収容所って感じです(・。・;
突然ですがここでクイズです!ww
ここには5種類のエケベリアさんがいます。
花うらら、桃太郎、ラウリンゼ、キルヒネア、
もう一つは何でしょう?w





では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします<(_ _)>
またです~(^^♪




にほんブログ村


今日はロメオ×バッションなどです~

今日は朝から小1の娘の授業参観に行ってきました。
学校まで徒歩で10分くらいですが途中凍りそうでしたw
寒かったですねー
明日は更に気温差下がりそう><
念のため、40鉢ほどのエケを屋内に取り込みました。
他は外の家の壁際で頑張っていただきます@@
野外でも壁際に置くのと壁際から30cm離すのとでは
だいぶん違います。
壁際は霜にもあたりにくかったり若干でも温度高そう
です。






さて今日はロメオ×バッション、シャンペーンHB、
ブルーエルフ、ピンクプリティ、ピーコッキープラチナドレス、
のご紹介です。









ロメオ×バッション
ロメオ×バッション①
ロメオ×バッション②
ロメオ×バッション③
ロメオ×バッション④
↑ロメオ×バッションです。
両親の特徴がいい感じに出てますかね~
もう少し赤くなると思います。









シャンペーンHB
シャンペーンHB①
シャンペーン②
シャンペーン③
シャンペーン④
↑シャンペーンHBです。
ギルバみたいな感じですね。
やや紅葉してますがオレンジ色どまりかな。
ギルバと同じでこの葉のキラキラ感が気に
入ってます!(^^)!









ブルーエルフ
ブルーエルフ①
ブルーエルフ②
ブルーエルフ③
ブルーエルフ④
↑ブルーエルフです。
セデベリアだったでしょうか。
セダムの乙女心みたいな感じです。
これでも十分可愛いですが、環境が良ければ
もっと綺麗になると思います(*^_^*)









ピンクプリティ
ピンクプリティ①
ピンクプリティ②
ピンクプリティ③
ピンクプリティ④
↑ピンクプリティです。
グラプトベリアですね。
我が家ではピンクまでいかないですね~@@
厚葉でかわいいですね!(^^)!









ピーコッキープラチナドレス
ピーコッキープラチナドレス①
ピーコッキープラチナドレス②
ピーコッキープラチナドレス③
ピーコッキープラチナドレス④
↑ピーコッキープラチナドレスです。
ピーコッキーにはいろんなタイプがありますが
どれもホワイトブルーの美しい葉色をしてます。
年中あまり葉色が変わらないところもいいかもですね。
この株は茎をカット後、スリット鉢に植え替え
ましたがご覧の通りあまり状態は良くないような
感じがします。秋の成長期にもこんな感じなので
根の問題かもですね。水の吸い上げが悪いような
気がします。スリット鉢の影響もあるのかな。
春は根のチェックと陶器鉢へ戻すことも考えた方が
いいかな@@
スリット鉢は基本的に有効な鉢ですが、必ずしも
きれいに育たないこともあります。









パストラミ
↑鴨肉のパストラミです。
鴨ロースト。
これスーパーで通常売値350円くらいだったのですが
けっこうイケますww
実は賞味期限1週間だったのでさらに半額でしたがw
値段が値段なので期待してませんでしたが
おつまみに最高です!
赤ワインといっしょにどうぞw




では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます!
励みになっております<(_ _)>
またよろしくお願いします(^^♪




にほんブログ村


今日はデローサなど~

今日の日中は晴れ間もあり暖かくってよかったです!(^^)!
でも明日から月曜日まではこの冬一番の寒さになりそうです。
多肉は霜よけ程度でいけると思いますがちょっぴり心配
です(・。・;
今日は職場の近くに新しくできたトンカツ屋さんに行ったら
オープン記念でロースカツ定食が500円でしたw
ラッキ~♪






さて今日はデローサ、クスピダータ(メンチャカ)、
グロブローサ、SP、ロドルフィのご紹介です。









デローサ
デローサ①
デローサ②
デローサ③
デローサ④
↑デローサことデロちゃんですw
私的には文句なく可愛いです)^o^(
交配は名前からもわかりますが、デレンベルギー×
セトーサです。
短いですがお毛毛エケです。お毛毛エケの割には
比較的夏場も強くて育てやすいです。
静夜(デレンベルギー)が入るとやっぱり可愛い
エケができますね~
普及種で入手が容易で安価のためお勧めのエケ
です!(^^)!









クスピダータ(メンチャカ)
クスピダータメンチャカ①
クスピダータメンチャカ②
クスピダータメンチャカ③
クスピダータメンチャカ④
↑クスピダータ(メンチャカ)です。
クスピダータの中ではザラゴーサの方が
普及してますが、こちらの方が基本形といって
いいのかな。
クスピダータは一応3つに分類されてます。
・Echeveria cuspidata var cuspidate
・Echeveria cuspidata var zaragozae
・Echeveria cuspidata var gemmula
基本形のクスピダータにもいくつかバリエーション
(地方種)があり、見た目も若干違います。
よく考えたらザラゴーサもメキシコの地方名ですよね。
この基本形のクスピダータの特徴はやや細めの葉で、
爪が長いことです。
色合いが地味なので人気は無いかなw
とにかく爪好き!って方にはいいのかも?
私は好きなエケの一つで、昨年は交配で酷使
しちゃったので、ご覧の通り復活途上といった
ところです@@
本当はもっと綺麗になります。









グロブローサ
グロブローサ①
グロブローサ②
グロブローサ③
グロブローサ④
↑グロブローサです。
原種です。
有名な栽培困難エケベリアです。
日本において冬越しは難しくはありませんが
夏越しが困難です。
群生しやすい品種にもかかわらず夏に消滅する
個体が多いためいつまでも高価なエケとなってます。
私も3年ほど前に十分注意していたのにも関わらず
枯らした経験があります(>_<)
夏はこの子だけは完全別管理で涼しい環境を作って
あげた方がいいですね。
少し紅葉してきました。いつもはこの時期にはもっと
紅葉してるはずなんですが@@
本来紅葉もきれいなエケです。
極小タイプのエケベリアですが花は比較的大きめです。









SP
SP①
SP②
SP③
SP④
↑SPです。
ロンエバンスの名で入手しましたがどう見ても
違いますよねw
入手した時は、小さ~い苗でわからなかったんですが
それでも怪しいかもと思ってましたが。
ロンエバンスの交配はセトーサ×アモエナと
言われてます。エメラルドリップルと同じもの。
ただこの個体の方がロンエバンスより綺麗で
見ごたえがありますww
だから、まぁいいかな(・。・;









ロドルフィ
ロドルフィ①
ロドルフィ②
ロドルフィ③
ロドルフィ④
↑ロドルフィです。
比較的新しい原種ですね。
ビフィダやストリクティフローラ、ワルポレ
アーナなどとよく比較され、ロドルフィはそれに
近い品種なのかも。
写真の通りロドルフィはマットで柔らかな印象
です。実際葉は柔らかいです。
色合いは違いますが確かにストリクティフローラ
ブスマンテと同じような感じ。
ロドルフィは2つ持ってますが、もう一つは
開花させた影響で弱ってしまったので現在
静養中です。
育てやすいエケとは言えないかも@@
冬の低温にもやや弱く夏はもっと苦手な感じ。
特に開花による体力消耗が激しいように思います。
個人的には大株になってから開花させた方が
いいかと思ってます。









Gusto
グスト2
↑ちょっと訳があっておまけ写真です(;^ω^)
真正Gusto(グスト)の参考写真です。
交配はアモエナ×ティッピーです。
ディックライト氏の交配。



では今日はこの辺で^^
いつも拍手やブログ村のポチありがとうございます!
これからもよろしくお願いいたします<(_ _)>
またです~(^^♪



にほんブログ村


プロフィール

マーちゃん

Author:マーちゃん
東向きの小さなベランダと西向きの狭いスペースで悪戦苦闘しながら多肉植物を育てております。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
アクセスカウンター
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
218位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。