スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は鉢についてと、エケベリア イードンスノー、エボニーピンクル、ストリクティフローラブスマンテ、アガボイデスレッドエッジ×クスピダータメンチカです

今日は晴れてポカポカ陽気でした^^
明日はここ京都府南部の気温は最高20度の予想です。
もう寒くはならないのかな^^
霜が降りそうなときは対策していないエケベリアのトレイを
屋内に取り込むのですが、もうやらなくていいかな!




さて今日は鉢についてとエケベリア イードンスノー、エボニーピンクル、
ストリクティフローラブスマンテ、アガボイデスレッドエッジ×クスピダータメンチカ
のご紹介です。


今日は最初に鉢について書きます。
ちょっと長くなるかもなので、興味のない方は飛ばして下さいね^^

私は主にリメ鉢や陶器鉢を中心に使ってます。

鉢について、多肉の本やショップの方からは「何でもOK!」って頼もしいお言葉をお聞きすることが多いですよね?
でも育てているとなんか違うよね~ってことに。
あくまでも我が家での栽培環境になりますので一つの参考として捉えてください。

我が家の環境
・置き場所:東向きと西向き
・日照時間:年間を通じてだいたい3時間~5時間(直射日光)
・通風  :かなり良い(空気が停滞することはない)
・用土  :ネオ遠赤スーパーハイスピード(多肉植物専用) 

まずリメ鉢ですが、私は一番安い素焼き鉢の表側だけにペンキを塗って使ってます。鉢の中と底は塗りません。
これは見た目をかわいくしたいという側面もありますが、実は通気性(用土の乾き)を考えてのことです。
底穴は大きい方がグッドです。
このようにリメすることにより、素焼き鉢より通気性は悪くなりますが乾きすぎることは無く、また陶器鉢より通気性は
良い、乾きが早いということになります。
対してプラ鉢は陶器鉢とほぼ同じと考えてます。しかしプラ鉢でもスリット鉢は別物だと思います。
鉢の下部にスリットの切れ込みが入ることにより排水性、通気性がアップしてます。
私の考えでは用土の乾きが早い順は、

素焼き鉢>スリット鉢≧素焼きリメ鉢>プラ鉢=陶器鉢

となります。
こうしてみると、素焼きは良くて陶器は良くないように見えます。
しかし、そういうことではなく水をよく吸い上げる元気なエケは保水性の高い陶器鉢の方がはるかに成長が早いと
感じてます。
もちろん、素焼き鉢で水やりの回数を増やせばいいだけですが、なかなかその回数の加減が難しいですね^^;
私のところでは素焼きと陶器では成長期の水やり回数は倍以上違ってきます。
下の写真は以前にもアップしましたがご参考までに再掲載します。







リンゼアナ比較①
コロラータ3-比較
リンゼアナ(上)とコロラータ(下)です。
右側のリンゼアナは陶器鉢で、左はテラコッタ鉢です。陶器鉢の方が遥に成長スピードが速いです。
昨年の春先は陶器鉢の方が二回り以上小さかったですが、現在は追いついてます^^
テラコッタの方をもっと水やり回数を増やせば成長スピードが速くなると思いますが、あんまり回数を増やすのも
勇気が要りますw
下のコロラータは陶器鉢です。素焼きと同じ回数の水やりなので用土の湿っている期間は長いと思います。
肥料成分が滞留している期間も長いので元気で水をよく吸い上げる時期は飛躍的に大きくなります。
場合によっては葉がパンパンになって葉割れすることもあるので要注意です。

簡単にまとめますと、陶器鉢は保水性がいいので、成長スピードは早いですが、根腐れのリスクは高くなります。
地域にもよりますが冬場はほぼ断水に近くていいかもです。私は冬に1回または2回の給水です。
素焼き鉢は用土の乾きは早いですが成長スピードは遅くなります。ただ素焼きは根腐れしにくいのと
コンパクトに育てられるというメリットがあります。

あ~あと、私は現在スリット鉢にシフトしようとしてます。理由はバランスのいい鉢であることと、軽いことです。
いや、理由は軽いことだけかも!w
雨が強く降ったりしてエケのトレイを移動させないといけないことがよくありますが、重くて結構大変なので・・・という
のが一番の理由ですww
そしてもう一つ、白いスリットを使おうとしてますが本当は良くないと思いますw
植物の苗って黒いポリポットに植わってることが多いですよね?
早く成長させるためには、根が重要で、根の成長のためにはこの黒い(暗い)鉢が重要なんだと思ってます。
冬場は日光が当たると温まりますしね^^ (勝手な思い込みかもw)
逆に白いスリット鉢は薄いプラなので光が通ってしまいそうに思います。
白のスリット鉢ってほとんど売ってないですよね?
鑑賞には向いてる鉢だと思いますが、育苗には向いてないからだと自分は思ってます。
あとスリット鉢は柔らかいので強く握ってはいけませんw
根鉢がつぶれますw
白のスリットは中を黒く塗ったらいいかもしれませんね~
それか他の色のスリットの外側を白く塗るとか?
厭き性の自分には無理ですがww

次に用土です。
鉢とのバランスは大事ですよね@@
用土は排水性、保水性、保肥性のバランスが重要ですね。
お時間のある方はいろいろ配合を試されるといいかと思います。
私はなかかな時間が無く、市販の用土を使ってます。
単に面倒くさがりなだけですがww
使っているのは大阪の山城愛仙園さんの多肉用土を使ってます。
ネットショップ名は「とげ家」さんです。楽天で出てくると思います。
商品名は、ネオ遠赤スーパーハイスピード(多肉植物専用)です。
ちょと高いです@@
天然の最も硬い赤玉土を含め9種類の素材が配合されてます。
触っても硬い感触があります。長期間つぶれにくい用土だと思います。
排水もいいです。
私が注目したのは肥料が2~3年持ち植替え不要なことです。
もちろん根に問題がなければ、根鉢が回ってなければ不要ということだと思います。
肥料が2~3年持つということは、それだけ徐々に溶け出すということで、肥料が多いということではないと思ってます。
初めは紅葉への影響が気になってましたが我が家ではその環境の割には紅葉が楽しめてますので問題ないと
思います。
あと、マグネシウムなどのミネラルも植物にとって重要だと言われてますね^^
植物は根の先から根酸を出して用土を溶かし、その中に含まれるミネラルを吸い上げて葉に送り込み光合成していると
言われてます。
マグネシウムが少なくなると葉が黄色くなり光合成が衰えてきます。
とげ家さんの用土は9種類の素材でできているので含まれるミネラルも多いかも~って勝手に思ってます!w
はっ!気づいたら文章めちゃ長くなってる!・・・すいません・・・赤ワインのせいなのですw
赤ワインとサラミ、ブラックペッパーチーズ・・・最高のマリアージュです!(←単なる酔っ払いですw)

とにかく栽培環境はみんな違うので、実験的に色々試してみたらいいかと
思います。
私も日々勉強中です^^;




さて今日のエケのご紹介です。








イードンスノー
イードンスノー1-①イードンスノー1-②
イードンスノー1-③
イードンスノー1-④
↑イードンスノーです。
イードン(イートン)はお隣の国の地名でしたよね^^
寒そうですw
紅葉はしませんが青白くきれいです。
でも最近、真ん中の背が高くなってきました@@
なんかの予兆?
噴火したりして(笑











エボニーピンクル
エボニーピンクル1-①
エボニーピンクル1-②
エボニーピンクル1-③
エボニーピンクル1-④
↑エボニーピンクルです。
う~ん、なんか変な色合いですよね^^;
これからどうなるのかな・・・
可愛くなってほしいですが。
結果は5月末くらいに出るかなw











ストリクティフローラ ブスマンテ
ストリクティフローラブスマンテ①
ストリクティフローラブスマンテ②
ストリクティフローラブスマンテ③
↑ストリクティフローラ ブスマンテです。
最近入手した赤ちゃん苗です^^
名前はブスですが、ブスカワです!w
可愛い色してます。
ストリクティフローラブスマンテはサボテン相談室の羽兼さんの著書の
「かわいい多肉植物たち」の写真では輝くような白色ですが、我が家の
はピンクに色づく選抜種みたいです。
成長が楽しみなエケです!(^^)!











アガボイデスレッドエッジ×クスピダータメンチカ
レッドエッジ×クスピダータメンチカ①
レッドエッジ×クスピダータメンチカ②
レッドエッジ×クスピダータメンチカ③
レッドエッジ×クスピダータメンチカ④
↑レッドエッジとメンチカの交配種です。
クスピダータメンチカは好きな原種ですがみごとに
アガボに打ち消されてますwww
アガボの遺伝は強し!ですね^^
でも結構好きかもです!(^^)!










では今日はこの辺で^^
長々と書いちゃいましたが最後までお付き合いくださりありがとうございます。
またです~(^^♪


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーちゃん

Author:マーちゃん
東向きの小さなベランダと西向きの狭いスペースで悪戦苦闘しながら多肉植物を育てております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
アクセスカウンター
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
264位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。